ドラマ信長協奏曲 無料視聴

信長協奏曲
出典:girlschannel.net

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)は石井あゆみさんの漫画を原作にしたドラマです。リンクは2016年2月11日に確認。 勉強が苦手な高校生のサブロー(小栗旬)が、戦国時代にタイムスリップし、本物の織田信長の代わりに信長として生きていく。キャストには織田信長/明智光秀役で小栗旬、帰蝶役に柴崎コウ、秀吉役で山田孝之、竹中半兵衛役で藤木直人等が出演。 ご覧になる際は、下記リンクからご覧ください!(画面に韓国語が出ますが、音声は日本語でご覧になれます。)

出典:tarotaro(たろたろ)
出典:tarotaro(たろたろ)

修学旅行で時代村にやって来た高校生のサブロー(小栗旬)は、武士や町人に扮したアトラクションキャストが行き交う中、同級生の女子に告白。良い返事がもらえそうにないと感じると、携帯に電話がかかってきたふりをして逃げ出した。仲間の・・・

戦国時代に迷い込んだサブロー(小栗旬)は、織田信長(小栗旬)に容姿がそっくりなことを理由に身代わりを頼まれてしまう。折しも織田家は家督争いの真っ最中。本物の戦、醜い争いに辟易しながらも、サブローは織田家当主の地位を・・・

サブロー(小栗旬)は、村人を集めて相撲を楽しんでいる。サブロー自ら軍配らしきものを握り、家臣の前田犬千代(藤ヶ谷太輔)と佐々成政(阿部進之助)の取り組みをさばこうとした時、池田恒興(向井理)が馬で駆け込んで来た。なんと、今川勢が・・・

信長として暮らすサブロー(小栗旬)の居城に、松平元康(濱田岳)が同盟のために訪ねて来た。先の戦で今川勢として戦ったことを詫びる元康は織田家への帰順を示し、自らは徳川家康と改名すると言う。名を聞いたサブローは歴史上の人物とまではわか・・・

サブロー(小栗旬)は帰蝶(柴咲コウ)と斉藤道三(西田敏行9の墓参り。その帰り、ひとりきりになったサブローの前に、本物の織田信長(小栗旬)が現れた。恨み言をぶつけるサブローに、信長は明智光秀と名乗っていることを告げる。そして、・・・

サブロー(小栗旬)の居城に、明智光秀(小栗旬)が家臣になるとやって来た。光秀は、他の家臣たちに信長だと悟られぬよう覆面姿で、彼の手土産は上洛の良案だった。足利義昭(堀部圭亮)を将軍と擁立するという大義名分をもって織田の上洛を・・・

サブロー(小栗旬)たちは、市(水原希子)から浅井長政(高橋一生)の裏切りを伝えられて退却を始める。木下藤吉郎(山田孝之)は、自ら最後尾で浅井勢を抑えると申し出た。それは浅井の追っ手に加担し、憎き信長を討とうとする藤吉郎の策だった。・・・

サブロー(小栗旬)は、浅井、朝倉らと戦いを繰り広げた。そして、姉川の戦いで横山城を落とし、ひとまず浅井らを退ける。その勝利で松永弾正久英(吉田新太)も織田勢に加わるとサブローと約束。また、松永はサブローに一国の主としての政治をする・・・

サブロー(小栗旬)は楽市楽座に続いて、領内での異国人によるキリスト教の布教を認める。明智光秀(小栗旬)は延暦寺の僧たちの反対を心配するが、サブローは大丈夫だと答えた。そんな会話をする2人を、羽柴秀吉(山田孝之)がうかがって・・・

延暦寺の一件で、サブロー(小栗旬)はもう信長を続けられないと明智光秀(小栗旬)に話す。家臣たちにどう説明すればよいのかと訴えるサブローに、光秀は代わりに自分が申し開きをすると言う。しかし、サブローは光秀にこれ以上余計なマネは・・・

サブロー(小栗旬)は本物の信長でないことを池田恒興(向井理)に知られ、織田家から出て行けと突きつけられる。そんな時、浅井、朝倉軍が合流し、攻めてくるとの報がもたらされた。いざ開戦とはやる家臣たちだが、サブローは両家との和睦を主張。・・・   映画は2016年1月23日公開!映画の予告編は下記をご覧下さい!

小栗旬が出演のドラマ→こちらをクリックしてご覧ください。

主題歌

 
 

関連商品

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA